シャッフルボード

オルハウゼン社製 シャッフルボード
■ PAVILION ■ YORK ■ TRADITION
■ DISTINCTION ■ ECLIPSE ■ SAHARA
チャンピオン社製 シャッフルボード
■ BUMPER ■ QUALIFIER
中国製 シャッフルボード
■ CHINESE

【 オルハウゼン本社の商品紹介ページにリンク】

※黒枠の小さな画像をクリックして下さい。拡大してご覧になれます。
※上記以外のモデルをお希望の場合は、お気軽にご相談ください。
重圧感本物!
理想のコンセプトゲーム発見!
同一面積に対する設置レイアウトの一例
シャッフルボードのルール
シャッフルボードの歴史

シャッフルボードは、19世紀の頃、大西洋を往く豪華客船の甲板で船客同士がプレーしていたものが原型。
1913年に船旅から戻ったアメリカ人夫妻がフロリダ州デイトナビーチに伝え、現在のようにグランドコートで
プレイする形になったといわれています。1931年1こは、全米シャッフルボード協会が設立され、
スポーツとして定着しました。その後、カナダ、オーストラリア、ブラジルへと広がり、目本に紹介されたのは
1970年代1こ入ってからです。79年には日本、アメリカおよびカナダの3ケ国による
インターナショナル・シャフルボード協会が設立されました。81年より年1回国際大会を開催し、
日本からも毎年選手団を派遣しています。また88年と99年には、日本が国際大会の開催地となりました。
国内では日本シャフルボード協会主催で、男女選手権を含め、年5回全国大会を開催しています。
本場アメリカにおいては、テニスコートに引けをとらぬほどのシヤッフルボードコートを、
様々な場所で目にすることができます。

こうした人気を受けて、インドアスポーツとしてのシヤッフルボードテーブルも、様々な憩いの場において
目にすることができます。壁に押しつけて設置できるメリットと、簡潔なルールから、今や、ビリヤードを
しのぐコンテンツになってきています。